伝説の家政婦タサン志麻さんファミリーがめぐった「宮古島グルメツアー」

day2.素潜り漁体験でパパが獲った魚が絶品フルコースに!海遊びも満喫 day2.素潜り漁体験でパパが獲った魚が絶品フルコースに!海遊びも満喫

この記事は 沖縄県・(一社)宮古島観光協会 とのタイアップです

五感が研ぎ澄まされる 『the rescape』 のヴィラで、穏やかな波の音で目覚めた後は、島の恵みに満ちた朝食でエネルギーチャージ。

the rescapeでいただく朝食の様子

朝食後、志麻さんと子どもたちは、ホテル直結のプライベートビーチへ。

プライベートビーチで楽しむタサン志麻さんと息子さん

一方、ロマンには この日の重要ミッション がありました。
それは、 素潜り漁ツアーに参加し、ランチの魚を持ち帰ること!

これまでほとんど海に入ったことがないというロマンでしたが、ホテルマン漁師の高田和大さんらホテルスタッフの皆さんと共に、出発前の笑顔。

 素潜り漁ツアーに参加するロマンさんら4名の男性

泳ぐのに自信がない場合も、サブガイドが付いてくれるので安心。
もちろんライフジャケットも着用します。

海に入る準備をするロマンさん

高田さんは ホテルマンと漁師の二つの顔を持つ男 として、宮古島ではちょっとした有名人。
その華麗なスイムと、魚を一撃で仕留める腕前は、ぜひ動画でご覧ください!

海の中で魚を探す高田さん

この日、高田さんがゲットしてくれたのは、鮮やかな青色が印象的な、沖縄を代表する魚 イラブチャー でした。
ロマンもピースサインで記念ショット。

イラブチャーを捕まえピースするロマンさん

陸に上がったら海水の中で絞めるのですが、これもなかなか貴重な体験。
完了したら、鮮度を保ってホテルに戻ります。

獲った魚をしめるロマンさんと高田さん

戦利品のイラブチャーを、the rescapeのシェフ 土橋鉄生さんに託す高田さん。

the rescapeのシェフ 土橋鉄生さんに獲った魚を渡す高田さん

一流ホテルで腕を磨いてきた土橋さん。
その日その日に獲れた食材を活かし、即興ライブのように料理を仕上げていくのだそうです。

魚を料理する土橋さん

ビーチから戻った志麻さんも、特別に厨房を見せてもらえることになり、島の食材の調理方法に興味津々。

調理の様子を見るタサン志麻さん

さぁ、獲れたてのイラブチャーを使ったコース料理のはじまりです。
サーブしてくれるのはホテルマンに戻った高田さん。漁師ならではの解説もしてくれます。

出来上がった料理を運ぶ高田さんと運ばれた料理を興味津々にみるタサン志麻さんファミリー

子どもたちもビックリ大喜びのいきいきとしたお刺身 に、島の食材をふんだんに使った料理。

獲ったばかりの魚をお刺身に

次々と運ばれてくる美味しい料理に舌鼓を打つ志麻さんたち。
思わず笑顔がこぼれます。

料理に舌鼓をする志麻さん夫妻

長命草を使ったジェノベーゼ は、志麻さんも感動の美味しさだったそうですよ。

長命草を使ったジェノベーゼ
information
素潜りツアー the rescape

続いて向かったのは、宮古島の南側のとある集落にある『ぐるぐるめんや』。
豪華なコースでお腹いっぱいですが、食べに来たのは 島かき氷。

ぐるぐるめんやの外観

ドラゴンヨーグルト氷やヒーリングハニー氷、ハイビスカス氷 など、どれも一口味わってみたくなる独創的なかき氷が揃っています。
(11~3月の冬季は、かき氷の代わりに麺ランチを提供しているそうです。)

ぐるぐるめんやのメニュー

志麻さんファミリーが注文したのは、紅いも氷、コーヒー&ナッツ氷、ハイビスカス氷、ヒーリングハニー氷の4種。

注文した4種類のかき氷

どれも他で食べたことのない美味しさなのですが、かき氷の美味しさが引き立つように、あえて冷房は入れていないそうです。
それでも志麻さんいはく 『南国のおばあちゃんちに来たような』、不思議な居心地の良さ がありました。

かき氷を食べるタサン志麻さんファミリー

お店を営んでいるのは、ピースフルな笑顔あふれる西原さんファミリー。
棚には店名の由来でもある『宮古うずまきそば』のほか、店主の奥さんや娘さんたちが作ったハンドメイド雑貨も並んでいます。

ハンドメイド雑貨を販売している様子

『かき氷といえばキーンと冷たいイメージですが、フワッと味もまぁるく、冷たさの中に温かさを感じる美味しさです。
手作り雑貨も私の好みにピッタリで、ネコ人形のコレクションを2つも増やしてしまいました』。
(志麻さん)

ネコ人形の笑顔で見るタサン志麻さんの息子さん
information
麺と雑貨とかき氷 ぐるぐるめんや

宮古島市城辺友利306-5

090-5943-4902

夏季営業(4~10月)13:00-17:00 | 月・火曜定休
冬季営業(11月~3月)12:00-15:00 | 月・火・水・木曜定休  ※売り切れ次第終了

https://gurugurumenya.stores.jp/

次に向かったのは、 ハンドメイドのキャンドルショップ『feu wax』。
ここで体験できるキャンドルワークショップは、お天気の悪い日でも楽しめるアクティビティです。

キャンドルワークショップを楽しむタサン志麻さんと息子さん

カラフルなロウを砕いたり混ぜたりする作業は小さな子どもも大喜び。
オプションで、 50種類の天然オイルから好きな香りを選んでブレンド することもできるそう。

ロウを混ぜる息子さんとその様子を見守るタサン志麻さん夫妻

ロウソク芯を垂らした紙コップの中に、溶かしたロウを注いでいきます。

紙コップの中に、溶かしたロウを注ぐ様子

『やったーじょうずにできた!』
とハイタッチ。

ハイタッチする息子さんとタサン志麻さん

こんな感じで完成したら、ロウが固まるまでしばらく待ちます。

固まる前のロウの様子

南の島の自然をコンセプトに店主の岩切泰輔さんが手作りしているキャンドル は、一つずつ表情が違って、どれにしようか迷うのも楽しかったり。

岩切泰輔さんが作ったキャンドルを見るタサン志麻さん

しばらくしてロウが固まったら、紙コップを破いていきます。
ワクワクドキドキの瞬間!

紙コップをドキドキしながら破く息子さんとそれを見守るタサン志麻さん夫妻

世界に一つだけのボクのキャンドル 、とってもじょうずにできました。

クッキーアンドクリームと砂糖菓子のようなキャンドルは、志麻さんがお土産に選んだもの。

お土産に選んだクッキーアンドクリームと砂糖菓子のようなキャンドル

『海や自然がキレイなところだからこそ、こんなに素敵な作品ができるんだろうなぁ。息子にも、宮古島で感じたことを表現する機会を作ってあげられてよかったです』
と、志麻さんもニッコリでした。

岩切泰輔さん手作りの鮮やかなキャンドルが並んでいる様子
information
feu wax

宮古島市平良東仲宗根 771−2−101 ※2021年3月に移転予定

0980-72-6144

11:00〜19:00の中の 約2時間(作業1時間、硬化1時間) ※最終受付時間:17時 | 水曜定休

1名あたり2,500円 (天然オイルオプション 500円)

http://feuwax.com/

子どもたちを思いっきり走らせてあげたいから、旅先でも行きたくなるのが公園。
『カママ嶺公園』は平良中心街の丘にある広々とした公園。
大きなシーサーの形の滑り台付き遊具 にキッズは大喜び。

大きなシーサーの遊具で遊ぶタサン志麻さんと息子さん

展望台からは 宮古島の街並みと伊良部島を一望できて、夕陽鑑賞にもオススメ。
近くに美味しい焼きドーナツを提供するニンギン商店やスーパーサンエーがあるので、遊び疲れて小腹が空いても安心です。

砂場で遊ぶタサン志麻さんのファミリー
information

遊び疲れて、さぁ夕ご飯。
お洒落で料理上手な友人の家に遊びに行っておもてなしされるような感覚でくつろげて、地元の人にも大人気の 『カフェウエスヤ』へ。

カフェウエスヤの外観

宮古島出身で本土で修行した羽地歩さんが腕を振るうのは、新鮮な魚介や豚肉、スベリヒユやパルダマなどの薬草に、パッションフルーツにパイナップルなど、 南国の幸をふんだんに使った目にも舌にも嬉しいコース。

ランチでは、ライムとパクチーがアクセントのAsian宮古そばが大人気だそうです。

カフェウエスヤさんのテーブルに並んだ料理

『お店の雰囲気とご夫婦のお人柄がとっても素敵!地元の食材を活かした料理づくしで、宮古島に来たなぁ〜という感じがしました』
と、リラックスして食事を楽しんだ志麻さんファミリーでした。

料理を楽しむタサン志麻さんファミリー
information
カフェウエスヤ

宮古島市平良下里43

0980-73-5286

ランチ11:30~14:30 / ディナー19:00~22:30(予約制) | 水曜・木曜定休

ディナーコース:3300円

https://www.instagram.com/ayumuhaneji_uesuya/

当サイトでは、アクセス解析ツール「GoogleAnalytics」を使用しています。GoogleAnalyticsはデータの収集のためにCookieを使用しています。このデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが可能です、お使いのブラウザの設定をご確認ください。
この規約に関しての詳細はGoogleAnalyticsサービス利用規約のページGoogleポリシーと規約ページをご覧ください。